首の後ろ(しこり・ぐりぐり)

首の後ろの「ぐりぐり」したしこりについて(体験談)首のしこりの原因の大半はリンパ腺の腫れです。症状によっては悪性リンパ腫の可能性も考えられます。

◆首の後ろのしこりについて

◆首の後ろにぐりぐりしたしこりを発見!
◆ぐりぐりの正体とは?
◆リンパ腺の役割はなんだろう?
◆リンパの腫れの治療方法
◆悪性リンパ腫の可能性について
◆悪性リンパ腫の症状の特徴
◆もし悪性リンパ腫であった場合の心構え

◆ぐりぐりの正体とは?

 首の後ろ側の下のほうにあらわれた私のぐりぐり。
 このぐりぐりとしたしこりの原因はやはりその大半がリンパ節の腫れによるもののようです。
 しかし、稀に肩こりによってしこりのようなものが出来る事もあるようです。
 ただ、肩こりの場合はそれほど大きなしこりにはなりません。
 私の首のしこりは、大きさにして1円玉くらいのサイズのしこりです。
 感覚としては、ビー玉をつぶしたような物体が内部に入っている感覚です。
 指で触れてみてもしっかりとその存在を確認する事が出来ます。
 そして、このぐりぐりの原因を探っていくと、更にもうひとつ、
 「癌」
 の可能性…⇒ぐりぐりの正体とは?(⇒続きを見る)

◆リンパ腺の役割はなんだろう?

 癌は幾らなんでもないだろう・・・
 と思いながらもやはり不安は募ります。
 そこでまず長男坊と同じくリンパ腺の腫れと考え、リンパ腺について調べてみました。
 リンパ腺とは、豆のような形状をした網状に構成された組織のことをあらわすようです。
 そしてこのリンパ腺の中には、
●リンパ管
●マクロファージ
 などと呼ばれる細胞が存在しております。
 これらの細胞は、
●体内に侵入してきた病原菌や毒素を捕食し体を防衛する働き
 をもっており、体を守ってくれているのです。
 一般的には免疫細胞…⇒悪性リンパ腫の可能性について(⇒続きを見る)

◆悪性リンパ腫の可能性について

 首のリンパ腺に腫れがあり、その原因が腫瘍によるものである場合、これらリンパ組織内にあらわれた腫瘍の総称を
●悪性リンパ腫と呼びます。
 これがいわゆる一番おそれていた癌です。
 悪性リンパ腫は、
●ホジキン病
●非ホジキンリンパ腫
 に大別され日本で主に確認される悪性リンパ腫は「非ホジキンリンパ腫」とのことです。
 現在は化学療法の進歩により、これら悪性リンパ腫の根源的な治療方法も確立されつつあり、完治が可能な病気となっております。
 自覚症状が現れにくい点が難点としてあげられ、早期発見、早期治療の開始で十分治癒が可能とされているのが現状です。
 首にしこりができリンパ腺に腫れが見られる場合…⇒悪性リンパ腫の可能性について(⇒続きを見る)

◆悪性リンパ腫の症状の特徴

 悪性リンパ腫の症状の特徴は、風邪などの際の症状と異なり、発熱や痛みがない点があげられます。
 私の場合は、ぐりぐり発覚後すぐに発熱がありましたが、しかしぐりぐりそのものの痛みはほとんどありませんでした。
 ですから、かなり不安でしたが、その後熱が出てきてくれたので安心したほどです。
 いつの間にか「ぐりぐり」としたしこりがある。
 しかも痛みも発熱もない。
 このような場合は…⇒悪性リンパ腫の症状の特徴(⇒続きを見る)